So-net無料ブログ作成
検索選択

アンプリット錠の一部を自主回収―第一三共(医療介護CBニュース)

 第一三共は4月26日から、うつ病・うつ状態治療薬アンプリット錠25mgの一部ロットの自主回収を始めた。長期安定性試験の経時サンプルについて、規定時間内に溶け出す有効成分の量を測定する「溶出試験」を実施したところ、承認規格の「60分後溶出率80%以上」に適合しなかったため。同社は、原薬の物性の違いが溶出性に影響を与えていることが分かったとして、現在、同一原薬で製造されたロットの回収に当たっている。回収対象は11ロット(約300万錠)で、5月28日までに終了する予定。医療機関や薬局など納入施設数は非開示。

 危惧される健康被害について同社では、溶出が遅くなることによる吸収の遅れが考えられるが、有効成分の含量が規格内であるため、溶出率低下による健康被害の発生の可能性は低いと考えられるとしている。


【関連記事】
自社品配合の高血圧症治療薬レザルタスを新発売―第一三共
ARBとCa拮抗薬の配合剤選びは「薬価の差がファクター」
第一三共、大型新薬候補エドキサバンを国内申請
降圧配合剤レザルタス、売り上げ目標500億円―第一三共
第一三共が中期経営計画を策定

<長谷川等伯展>来場者が10万人突破 京都国立博物館(毎日新聞)
子宮頸がん 若い世代、低い認知度 20代前半で半数以下(産経新聞)
介護報酬191万円、不正混じりで全額返還へ―大阪市の事業者(医療介護CBニュース)
舛添新党「交付金目当て」改革ク内から反発(読売新聞)
橋下知事「河村市長の地域新党と連携したい」(産経新聞)

<報国寺>青竹色、雨にぬれ 神奈川・鎌倉(毎日新聞)

 風が吹くとザワザワという音と共に、水滴が顔に落ちた。孟宗竹(もうそうちく)が雨にぬれ、青竹色を深める。

 神奈川鎌倉市の報国寺にある竹林の庭園。40年程前に先代の住職が、江戸時代から自生する竹林を多くの人に見てもらおうと整備した。生えたタケノコはそのままにし、10年たつと間引く。手入れの良さがうわさになり、いつしか「竹寺」と呼ばれるようになった。

    ◇

 竹は成長するにつれ、若竹色から青竹色、黄色っぽい色へと変化する。【梅村直承】

【関連ニュース
タケノコ:収穫ピーク 北九州の観光園
掘り出しニュース:親子タケノコ、府中で見つかる
親子タケノコ:府中で見つかる /東京
タケノコと草餅の会:春の味覚、200人舌鼓−−名張 /三重
後場市:県産タケノコ初 金沢で競り /石川

<自民党>参院選向けマニフェスト 法人税減税などを提案(毎日新聞)
特別会計、原則廃止を=民主の政策研が提言(時事通信)
<外国人刺殺>フィリピン人の逮捕状請求へ 三重県警(毎日新聞)
<雑記帳>まずはギネス制覇 巨大ユニホームでW杯勝利祈願(毎日新聞)
3月の世界の気温、過去最高=エルニーニョなど影響−気象庁(時事通信)

<新・多能性幹細胞>「ミューズ」と命名…東北大チーム発見(毎日新聞)

 大人の皮膚や骨髄の中に、さまざまな細胞になる能力を持つ多能性幹細胞があることを、出沢真理・東北大教授らの研究チームが発見した。分離・培養も成功した。胚(はい)性幹細胞(ES細胞)や人工多能性幹細胞(iPS細胞)に続く多能性幹細胞の可能性があるとして、「Muse(ミューズ)細胞」と命名した。既知の2種類に比べ増殖率は劣るが、がん化の恐れは低く、医療への応用が期待されるという。

 成果は、19日付の米科学アカデミー紀要に発表した。研究チームは、ヒトの骨髄や皮膚に含まれる細胞中にごくまれに現れるES細胞に似た細胞に着目。濃縮・培養すると、神経や筋肉、肝臓などの細胞に分化した。

 また、無限に増えるES細胞やiPS細胞と違い、2週間ほどで増殖が止まった。さらに、マウスの損傷した皮膚や筋肉、肝臓に投与すると、それぞれの組織の細胞になった。精巣に移植すると、ES細胞では8週間後に腫瘍(しゅよう)ができたが、Muse細胞は半年たっても腫瘍化しなかった。【須田桃子】

【関連ニュース
iPS細胞:「高純度な肝臓組織」開発 医薬基盤研
ES細胞研究:生殖細胞作成 4月にも解禁
iPS細胞:疾患には逆効果?脳梗塞マウス、移植後に腫瘍
学士院賞:iPS細胞研究の山中氏ら11人に
ヒト生殖細胞研究

徳之島の移設反対集会「一つの民意だ」 鳩山首相(産経新聞)
【アニマル写真館】ゴマモンガラ 和歌山県立自然博物館(産経新聞)
<ペーパーショウ>紙の魅力を再発見 東京「丸ビル」で開催(毎日新聞)
虚偽の人事情報で百万円受領、厚労省室長を懲戒処分に(医療介護CBニュース)
なぜ長引くのか アイスランド噴火の影響(産経新聞)

【ニッポンの食、がんばれ!】地大豆、苦難経て特産品に(産経新聞)

 ■“地産地消”高まり味に評価

 効率的な栽培には不向きでも、地域ごとに残ってきた「地大豆」が近年、地産地消の意識の高まりから「特産品に」とクローズアップされつつある。神奈川県の地大豆「津久井在来」は加工業者に好かれない苦難の時代を経て、最近では有名菓子店の食材にも採用されるなど有望に。普及の草創期には「地元の物にこだわりたい」という研究者の強い思いがあった。(草下健夫)

 ◆膨らむアイデア

 「こんなに甘くてすばらしい大豆が、なぜ注目されていないの?」

 相模原市南区で酒店を営む岡本政広さんは4年ほど前、津久井在来の存在を専門紙で知った。風味の良さに驚き、まずは干し納豆を商品化した。食の問題に関心が高かった岡本さんは自身でも津久井在来を栽培するなど研究。現在は加工業者の協力で、干し納豆、豆腐、きな粉、いり大豆、納豆の商品を手掛ける。昨秋からは地元の百貨店にも並び、リピーターが定着しているという。

 「津久井在来を特産品に」と意気込む岡本さんは「醤油(しょうゆ)アイスを試作してもらい、トッピングも津久井のきな粉にしたら、やっぱりうまかった。黒蜜(みつ)をかけたデザート豆腐もよいかも」とアイデアを膨らませる。

 岡本さんの扱うきな粉を採用するのが「鳩サブレー」で知られる豊島屋(鎌倉市)だ。同社近くで営む甘味(あまみ)処「八十小路(はとこうじ)」の「本わらび餅(もち)」にかけるきな粉に、一昨年秋から使用。同社の久保田陽彦社長は「香りの良さ、品質の高さが甘さにつながっている」と、採用の決め手を語る。

 店のお品書きに「津久井在来使用」などとは書いていないが、舌の肥えたお客さんから反響がよく、ベスト3に入る人気ぶりという。「神奈川県産を使う喜びもあるが、地元だからではなく、風味が品物に合うからこそ、使っていきたい」と久保田社長。

 ◆かつては不評

 人気が高まる津久井在来だが、苦難の時代も長かった。昭和50年代、国が米から大豆などへの転作を奨励。これを受けて神奈川県が大豆を研究した際、「効率の良い品種もあるが、地元に細々とでも残ってきた地大豆があり、成分がよくおいしい。(地元という)文化性も考えたい、と普及推進を決断した」と、当時研究に当たった県農業技術センター・横浜川崎地区事務所の山田良雄所長は振り返る。

 ところが、「生産性重視の時代で、豆腐に固まらない、納豆にするには粒が大きいなどと、加工業者の反響は惨憺(さんたん)たるもの。津久井は確かにコクがあるけど“規格外”とされた。研究者の思いと市場原理が合わなかった」(山田所長)。

 その後、この10年で情勢が変わってきた。「地産地消が重視され、価格が高めでも質を求める風潮になってきた。地域の共存共栄のよい素材として、加工業者の技術が保たれているうちに軌道に乗ってほしい」と期待を寄せている。

           ◇

 ■アジア中心に加工品重用

 大豆はタンパク質をはじめ、炭水化物、脂質、食物繊維、カリウム、カルシウムマグネシウム、鉄、亜鉛、銅、ビタミンE、ビタミンB1、葉酸などさまざまな栄養を含み、アジアを中心に加工品が重用されている。中国原産で、わが国では弥生時代中期には利用されていたとされる。

 農林水産省の資料によると、例えば、豆腐はトウブ(中国)、タウフ(タイ)、ダウフ(ベトナム)、ドウフウ(ミャンマー)、トウブ(朝鮮半島)、タフ(マレーシアとインドネシア)と呼ばれ、作り方もほとんど同じという。

           ◇

 産経新聞社は「ニッポンの食、がんばれ!」キャンペーン(www.nippon−shoku.com)を通じて食料自給率の向上を目指します。

佐世保の警官刺傷、指名手配の男が出頭し逮捕(読売新聞)
天皇陛下、種もみをお手まき(産経新聞)
<空自>スクランブル299回 09年度(毎日新聞)
<山崎直子宇宙飛行士>物資搬入を再開 野口飛行士と作業(毎日新聞)
安倍政権より支持急落=時事世論調査(時事通信)

「奥西死刑囚の釈放を」=支援者ら要請、名張毒ぶどう酒事件(時事通信)

 名張毒ぶどう酒事件の第7次再審請求で、最高裁が名古屋高裁に審理を差し戻したことを受け、奥西勝死刑囚(84)の支援者らが7日午前、差し戻し審を担当する名古屋高検に同死刑囚の釈放を求める要請書を提出した。
 要請書では、奥西死刑囚の釈放のほか、同高検が異議申し立てを取り下げて再審開始を確定させることや、事件当時の供述調書などの証拠開示を求めている。
 提出には支援者18人が集まった。特別面会人の稲生昌三さん(71)は「今すぐにでも奥西さんを釈放してもらいたい」と力を込めた。 

【関連ニュース
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔用語解説〕「中国の死刑制度」
〔用語解説〕「海外での日本人死刑問題」
〔用語解説〕「中国の死刑制度」
「なぜ差し戻し」「無罪に光」=弁護団、最高裁決定に表情複雑

火葬せず、ペット以外の骨渡す? =犬死骸投棄、詐欺でも捜査−埼玉県警(時事通信)
大量不合格の都立高定時制、300人追加募集(読売新聞)
「車内ゴミ散乱、ライターも?」4児死亡の父親(読売新聞)
パワーウインドーで指切断、11か月女児重傷(読売新聞)
日航 リストラ案を策定 二次破綻、回避なるか(産経新聞)

スペースシャトル 打ち上げ成功 山崎さんら7人乗せ(毎日新聞)

 【ケネディ宇宙センター(米フロリダ州)奥野敦史】山崎直子宇宙飛行士(39)ら日米の7人を乗せたスペースシャトル「ディスカバリー」が5日午前6時21分(日本時間午後7時21分)、米フロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げられた。米航空宇宙局(NASA)によると、ディスカバリーは約9分後に予定された高度で主エンジンを停止し、打ち上げは成功した。

【写真特集】「きれいなお姉さん」系から「きれいなママ」系宇宙飛行士に 山崎直子さんの軌跡

 山崎さんは初の宇宙飛行で、日本人の女性飛行士は向井千秋さん(57)=宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙医学生物学研究室長=以来2人目。今回のミッションでは物資移送責任者(ロードマスター)として、実験装置や補給物資など約6トンの積み荷を運ぶ責任を負う。

 ディスカバリーは日本時間7日夕、国際宇宙ステーション(ISS)にドッキング。ISSに長期滞在中の野口聡一宇宙飛行士(44)が山崎さんを出迎える。日本人2人が同時に宇宙に滞在するのは史上初めてだ。

 シャトルはあと3回の打ち上げで退役することが決まっており、山崎さんは日本人最後の搭乗者となる。92年に毛利衛さん(62)が搭乗して以来、山崎さんを含め計7人の日本人がシャトルで宇宙へ旅立った。シャトルの退役後、日本の有人宇宙活動はロシアのソユーズ宇宙船を利用して続行する。

 ディスカバリーは日本時間18日夜に地球に帰還する予定だ。

【関連ニュース
【関連記事】離婚の危機もあった 山崎直子さんが宇宙へ向かうまで
【写真特集】日本の宇宙開発 山崎さんら日本人飛行士のプロフィール掲載
【写真特集・日本の宇宙開発】月探査機かぐや:迫る月面、1分おき撮影 最後の映像公開
【写真特集・日本の宇宙開発】大型ロケットH2B:打ち上げ成功 宇宙ステーション補給機を搭載
【写真特集】日本初の有人宇宙施設「きぼう」はこうして打ち上げられた

アフガン取材中、連絡途絶える=日本人フリージャーナリスト(時事通信)
スーツケース遺体事件で男出頭=関与ほのめかす−石川県警(時事通信)
花見 スカイツリーの下で 東京の新名所に(毎日新聞)
緊急停止装置外して運行=作業の連絡ミスが原因−JR西(時事通信)
金沢の山中遺体、20〜30歳代の女性(読売新聞)

<検察審査会>PRのDVD制作 最高裁(毎日新聞)

 最高裁は30日、検察の不起訴処分の妥当性を審査する「検察審査会」をPRするDVD「検察審査員」を制作したと発表した。PR映像の制作は92年以来18年ぶり。2回「起訴相当」を議決すれば対象者が起訴されるようになるなど、09年5月から検察審査会の機能が強化されたことを受け、約700万円をかけて約1000枚作製した。

 DVDはドラマ形式で35分間。主人公が検察審査員に選任され、自動車運転過失致傷事件を審査し議決する場面を描いている。

【関連ニュース
JR福知山線事故:検察官役に弁護士3人指定 神戸地裁
福知山線事故:遺族の思い届く 歴代3社長起訴議決
福知山線事故:JR西歴代3社長の起訴議決 神戸第1検審
水戸検察審:男性の不起訴「不当」 強盗致死事件で議決
社説:JR歴代社長起訴 企業体質が裁かれる

大洋薬品工場に業務停止命令=別サンプル提出、ミス発覚逃れる−岐阜県(時事通信)
持参金480万円付きでも…ポスドク就職支援苦戦(読売新聞)
鳩山首相、中井氏スキャンダル「うすうす聞いていた」(産経新聞)
<クリスタルキング>解散発言での賠償請求を棄却 東京地裁(毎日新聞)
<幼児虐待死>夫婦の主張に差、夫の判決確定…戸惑う裁判員(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。